『お天気』から『トラブル真っ只中』まで、犬を使った英語フレーズ

前回は猫ちゃんばっかり出てくる英語フレーズできゅんきゅんしちゃいましたよね😚

 

今日もそんな内容です!

 

今回は、もう1つの身近なパートナー、犬にまつわる英語フレーズをご紹介します😊♪

 

今回も役立つこと間違いなしですよ!

 

 

それではどうぞ⬇️

 

 

raining cats and dogs 

犬だけじゃなく猫も入ってる表現ですね。

 

これは雨のように犬や猫が降ってくる天気のことを言います!日本じゃあまりないですが、アメリカやカナダではよくある天気なんです!

 

地上で温められた犬や猫の汗と涙が雲になって、その雲が冷えると、犬や猫を降らせるんです。

 

 

 

 

ってんなわけあるかいっ!!!

 

 

“raining cats and dogs”『大雨が降る』、『どしゃぶりになる』という意味になります!

 

 

たしかに犬や猫が降ってくるくらいなんだから、すっごい雨なんでしょうね😳

 

 

はい!サクッと例文です。

例:I forgot my umbrella, and it was raining cats and dogs.

(傘忘れたんだ。しかも、そのときどしゃぶりでさー。)

 

 

 

 

dog days

これはなんなんでしょうか?

 

 

 

また天気の話???

 

 

雨のち犬ってこと?

 

 

はい!

またまた天気の表現で間違いないのですが、雨のち犬ではありません!

dog daysでめちゃめちゃ暑い日々を意味します!

 

 

なんででしょうね?たしかに犬がめちゃめちゃいたら暑いけど!

 

 

例文:

I sleep in the basement during the dog days of August.

(8月の暑い日々は地下室で寝ます)

 

 

 

 

in the dog house

これは想像力が試される表現です!

 

犬が小屋に入るときってどんなときだと思いますか😊??

 

 

実は、やんちゃしすぎてバツが悪くなったときなんですね😆笑!わんちゃんは怒られるのが怖くて、犬小屋に隠れちゃうってわけです!

 

 

“in the dog house” はそんな情景をイメージするとわかりやすいかも!

なぜなら『(人を怒らせて)トラブルの渦中にいる』という意味になるからです!

 

 

Ex: I don’t think Marsha is coming out tonight. She’s still in the dog house for forgetting Aaron’s birthday!

(マーシャは今夜は来ないと思うな!だって、彼女はアーロンの誕生日を忘れててまずい状況になってるから!)

 

 

なんか天気の話題多かったですね😳天気も犬もそれだけ身近な存在ってことですかね♪

 

 

ということで今日のウキウキ英語勉強♪のコーナーでした😚

 

まだまだ続きます♪

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。

ABOUTこの記事をかいた人

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。