気をつけろ!フィリピン、ニノイ・アキノ国際空港でかつあげされた話

今日の話はフィリピンの空港でかつあげにあった僕の悲しいお話です。

 

朝早くにフィリピンのニノイ・アキノ国際空港に到着して朝飯を食べています!

フィリピンに来たのはただ乗り換えをするためだけ。なのであと数時間のあいだ次の飛行機を待たないといけません。

 

超ひまです!

 

 

 

やることもないので、空港をうろうろしとこうかな〜。

 

 

どうやらフィリピンでは、空港に入るだけでも荷物チェックをされるようです。犯罪大国だけあって、空港のセキュリティは万全のようですね。

奥の扉あたりでチェックされます。

 

 

 

うろうろうろ〜。

 

 

いうても珍しいものもなく、時間潰せそうもないな〜。

 

 

と思っていたそのとき、、、

 

 

✳︎「おい!きみ!こんなとこで1人で歩いてたら危ないぞ!俺が案内してやろう」

 

 

近づいてきたのは警官(警備員?)でした。

 

 

僕は『空港の敷地内で危ないんかな〜』と思ってはいたのですが、

『まあ警官だし問題ないだろ』と油断していたんです。

 

 

もうお判りでしょうが、

これが間違いだった!

 

警官に「こっちのエレベータに乗れば二階に行けるから連れて行ってやる」と言われ、

『いや別に2階に行きたいわけではないんやけどな』と思いながらも、一緒にエレベータに搭乗しました。

 

 

するとすかさず、、

警官「ここまで案内してやったんだからチップをくれ!アメリカドルだ!」

 

 

は!?

なんで一緒にエレベータ乗っただけでアメリカドルやらなあかんねん!

しかも高級なUSドル!💰

 

 

おいおい!外国慣れしてない素人と思って舐めてもらっちゃあ困るぜ!こちとら長いこと外国に住んでた猛者なんだぜ!と心に気持ちを秘め、

「アメリカドルなんて持ってない!」とすかさず返答。

 

 

 

警官「それならどこの金でもいいから渡せ!」

なんとしてでもエレベータ内で金が欲しい警官。

 

 

なるほど。。。持ち場を離れて観光客相手に違法なチップ請求をしているんだなとすぐに勘づく俺!

しかし、お金を受け取るまでエレベータの開ボタンを押そうとしない警官。

 

 

どうしたものか。

 

 

俺「それならこれあげるよ」

と1枚の紙幣を手渡す。。。

 

 

その数秒後、エレベータの扉が開き、ありがとうの一言も言わずエレベータから去って行く警官。

 

 

くっそー!なんというふてぶてしい野郎だ!!!

 

 

 

しかし、僕もタダではコケてない!!!

実はさっき手渡したのは、キューバ人民ペソの3CUP(約15円)!!

なんとキューバ国内でしか換金できないまぼろしのお金なのです

 

 

ざまあみやがれ!!!

換金所で返金するときにショックを受けやがれ!!

 

 

それにしても、空港にいる警官すら信用できないフィリピン!油断しちゃあいけないなと思う今日この頃です。みなさんもフィリピンでウロウロする際にはぜひご注意を!

http://vancitykumi.com/2018/06/27/post-3135/

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。

ABOUTこの記事をかいた人

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。