『甘さ控えめ、甘さ多め』の英語。LessとMoreだけでなんとかなる!

僕はめちゃめちゃ大人です。それもスーパーダンディな大人です。

だからコーヒーショップに行ってもブラックコーヒーしか頼みません。

いつだって、

I would like black coffee,please. 

です。

まあなんてつまらない男なんでしょう。

たまには甘いものも飲みたいですよね。

ということで今日はチャイティーを頼むことにしました!!!!!

急に女子♪

別にええやん!お茶は体にいいんやで!

でもカフェのチャイって必要以上に甘いんですよね。というか海外のお茶には緑茶にだってはちみつや砂糖が入ってることも日常茶飯事なのです。

普段ブラックコーヒーしか飲まない僕には甘すぎるチャイがお口に合わないかもしれません。。。。。

せっかく頼んだのに残してしまうことになるかも。。。

そうならないためにもシロップや砂糖を少なめにするオーダー方法を知っておきたいですよね。

複雑なオーダーをするのって緊張しますか???

でも難しく考えることなかれ!

実は、LessとMoreを使うだけでなんとかなります

Can I get coffee? Less sugar, please.

でオーケー。

ミルクもいらないなら

Can I get coffee?  Less sugar,no milk, please.

難しい文法を考える必要はありません。

『コーヒーをくれ。砂糖少なめ、ミルクなし!』

という簡単な羅列が一番ネイティブっぽいのです!

もし多めがいいならLessをMoreに変えて言うだけですね〜♪

超簡単。

サンドイッチとかオーダーするときに、『辛いソースを足すか?』とか聞かれることがありますが、

使ってる表現は、

More spicy?(スパイシーソースもっといる?)

だけです。

これで十分なんですね。

ビビることなかれ!

じゃあオーダーしてきますね。

「すいませ〜ん。ブラックコーヒーくださ〜い。」

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

『甘さ控えめ、甘さ多め』の英語。LessとMoreだけでなんとかなる!
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする