ちょっと足を伸ばしてニューウエストミンスター

バンクーバーに住んでいるとたまには足を伸ばしてちょっと遠くに行ってみようと思うことがあります。でも、バンクーバーアイランドやノースバンクーバーはアクティビティが多くあるけども午後から行くには時間が足りない場所ですよね。

そこで今回はあまりみんなが行ったことないんじゃないかなと思う、バンクーバーから少しだけ離れた町、ニューウエストミンスターに行ってきました。

ニューウエストミンスターはバンクーバーのダウンタウン(Burrard station)からスカイトレインのエキスポライン(Sky Train Expo Line)に乗って30分で行けますバンクーバーの電車はスカイトレインと言って、主にエキスポライン、ミレニアムライン、カナダラインの3本しかないのでめちゃくちゃ簡単に乗れます

ちなみにニューウエストミンスターは、イギリス植民地の時代にビクトリア女王が好きだった都市の名前『ウエストミンスター』から取って付けたらしいですよ。現在、州都はビクトリアですが、かつてはニューウエストミンスターで西部カナダで最初の都市だったそうな。。。。

女王の権限ってすごいですねー。

じゃあ、ニューウエストミンスターって何があんねんってことですけど、たぶんみんな知らないと思うんで今日はそれをご紹介します!!!

まず駅はこんな感じ。スカイトレインの駅はだいたいこんな感じですね。

駅を降りて川沿いに行くと出迎えてくれるのがこの赤いでっかいモビルスーツ!じゃなかった、ブリキの兵隊さんですね。普通のザクの3倍のスピードで動くことができます!!!!

なんでも世界で一番大きなブリキ人形らしいですよ。
確かに。頭が天まで届きそうです。しかし、ザクには大気圏突破の性能はありません!
お気をつけて!!!

。。。。。

ニューウエストミンスターは何と言ってもめちゃめちゃでかい川、フレイザー川に面しているいるのが特徴です。

川沿いの道はジョギングしたり、犬の散歩したりしている人たちがたくさんいます。
看板を見るとクルーズツアーもあるみたいですね。のんびりした休日を過ごせそうな場所です。

また、もっと奥まで歩いて行くとバレーボールのコートがあります。暖かい時期にはみんなここで遊んでいるんでしょうね。こんな雪じゃ今日は誰もやってないですけど。

散歩やバレーコート、、、お気づきの通り、このへんはリバーサイドの公園っぽくなっています。

公園にはカップルもよく訪れるんでしょう。

フェンスにはカップルが愛を誓った南京錠がたくさん取り付けてありま、、、、

あれ?

魚???

魚になってる!!!

前来たときは南京錠が何個もしてあったのに。。。。

いや、昔は南京錠いっぱい見たんです。

ほんとに。。。

まあ、それは置いといて、

公園の端っこまで行くと、コンテナでできた”W”のモニュメントがあります。フレイザーの川はものすごく大きいので、木材や貨物なんかを船で運んでるんです。そんな地域だからコンテナ貨物でモニュメント作ったのかなーって思ってます。

色は東京タワーに似ています。
夏になるとたまにここでニュースタイルハッスルの練習なんかをしたりします。
ロケーションが良いので、踊っていてもテンションがあがります。

「じゃあ、ニュースタイルミンスターって川しかないの?」ってことになりそうなので、次のページからは町の中身をご紹介します!

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

ちょっと足を伸ばしてニューウエストミンスター
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする