「ちょっと聞きたいんですけど」って英語でもうちょっと言いたいとき

突然ですが、海外にお店に入って少しだけ質問したいことってないですか???

例えば、道やトイレの場所を聞くときとか、商品の特徴や値段だけを確認したいときとか、ちょっと簡単にサッと質問したいときってありますよね。

僕も携帯会社スタッフをしているとき、よくお客さんから、

「ちょっと、これだけ聞いていい??? この会社で契約すると電話ってかけ放題なの?」

とか、

「ちょっと、聞いていい?このへんってコンビニってある???」

みたいな、

なんか別に買う気ないんやけどちょっと教えてよ〜的な質問受けることけっこうありました。

こーいうのって日本でもよくありますよね〜。

この「ちょっと聞きたいんですけど、、、」

ってやつです。

“Excuse me”はみんな知ってますけど、なんか物足りない。もう少しだけ付け足してしゃべりたいですよね。

そういうときには、

“I have a quick question.”

がおすすめです!

例文:

“Excuse me. I have a quick question. Your plan has unlimited talk, right? “

(すみません。ちょっと聞いていいですか。おたくのプランってかけ放題ついてましたよね??) 

直訳すると「私は素早い質問があります。」ってなりますけど、ニュアンス的には「ちょっと聞きたいんですけど。」って感じになります。もちろん、この言葉がなければ失礼になってしまうとか、英語が下手に聞こえるとかはありません。Excuse meだけでも十分、『今から質問するよ〜』っていう印象ありますし。ただ、もう少し表現したいっていうときに使えばいいフレーズです。

お試しあれ〜♪

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

「ちょっと聞きたいんですけど」って英語でもうちょっと言いたいとき
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする