「〜だけどね。」の英会話表現 tho

Hello, guys!
日頃からできるだけ自然な英語表現ができるように心がけているマサです。

とは言ってもやっぱり超ナチュラルに外国語をしゃべるのって難しいですよね。だってつい最近まで使ってなかった言葉ですもん。なんでも、人間ってのは0歳〜6歳までに使った言葉を母国語のようにしゃべると言われているらしいですよ。僕なんか30歳から英語始めましたからね。そりゃ難しいですよ。

でも、そんな泣き言を言うのは僕らしくないので今日も英語使っていきたいと思います。

ところで、日本に遊びに来た外国人と日本人の会話で、

ジャパニーズ「どこから来たの?」

外国人「ワタシ ハ カナダ カラ キマシタ。」

ジャパニーズ「日本語上手だね。」

っていう会話頻繁に聞こえますよね。
(たぶん、、、聞こえますよね?)

確かにこの外国人の方は日本語上手です。日本語って他の言語に比べるとぜんぜん特殊やし、基本の挨拶ができるだけでもすごいと思うんですよ!

でもナチュラルかって言われるとそうじゃないですよね?
僕らだったら、

ジャパニーズ「どこから来たの?」

マサ「カナダから。」

ジャパニーズ「日本語上手だね」

マサ「でしょ?」

ってなります。僕は日本語上手なんです。
その秘訣は、僕が日本人だから!!

じゃなくて、「カナダから。」「でしょ?」とか会話に合わせて文法崩してるからなんですよね。主語もない、動詞もない、だから逆にナチュラル!!

そこで今日は、これ言っときゃナチュラルに聞こえるで!っていう役立つワンフレーズをお伝えします!

それは、

です!

じゃなくて、

tho(ゾウ)

です。

このthoは「〜だけどね。」っていう意味になります。
日本語でもみんな会話で使いますよね、この表現。

例えば、

「今日はあの人気ピザ屋でピザ買って来たんだよ。もう全部食べちゃったけどね。」

みたいな感じ。もうピザないんなら言うんじゃねえよ的なやつです。
これを英語で言うと、

I bought a whole pizza at the popular pizza place. I ate all tho.
(あの人気のピザ屋でピザ買ってん。もう全部食べちゃったけどね。)

こんな感じです。最後にthoがついてますよね。これってもともとはっ接続詞のthoughなんです。だから正しい文法で言うと、

I bought a whole pizza at the popular pizza place though I ate all.
(私が全部食べてしまったが、私はあの人気のピザ屋でピザを買いました。)

日本語訳の差に多少悪意を感じますが、やっぱりthoの文よりもthoughの方はなんか表現固くないですか?

だけどね〜」のニュアンスは最後にthoughをつける。
この表現覚えておいてください。ほんとに皆言うのですぐ分かりますよ!

では!

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

「〜だけどね。」の英会話表現 tho
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする