バンクーバーでハイキングならディープコーブ

IMG_5499.jpg

思い出さかのぼり旅行記第1弾 〜DEEP COVE編〜

何が思い出さかのぼりなのかと言うと、
前からブログを書こう書こうと思ってたんですが、
今までどうもめんどくさくて書いてこなかったんです。
なのでこのタイミングで時間を遡って一気に書いてしまおうということになり、
タイトルが思い出さかのぼりってことになりました。

実際このまま書かなくても誰も困らないんですが、まあ
バンクーバーの魅力と自分の思い出は色鮮やかに記憶に残したい!という100%自己満の信念から敢えて筆をとったのです!!!

ディープコーブはノースバンクーバーにあります。
バンクーバーのダウンタウンからは海を挟んで北側にあります。

海を挟んでますが、移動は至ってシンプルで、
シーバス(船)に乗っていくか、路線バスに乗っていくかです。

僕たちは行きはバス、帰りはバスとシーバスを使ったので、その方法を紹介します。

ダウンタウンからバスで行く方法

①BURRARD STATION(バラード駅)のBAY2乗り場から210番のバスに乗る。
②Phibbs Exchangeというターミナルで212番のバスに乗り換え。
③終点まで行くとそこはディープコーブ

②で乗り換えのPhibbs Exchangeターミナルはすごく小さくて何もない場所なんですが、わかりやすいです。ひらけた場所にバス停の看板がいっぱい立ってるだけなので、なんとなくここかなって分かります。
トータル所要時間は40分〜50分くらい。
ディープコープ終点では運転手さんが「終点ですよ〜」って言ってくれました。
乗り換えが嫌な方は211番のシーモア行きに乗ると1本で行けるみたいです。

ディープコーブの街並み

ディープコーブは小さな街で海と山に囲まれたすごく落ち着いた場所なんです。
ストリートはこんな感じ。
IMG_5507.jpg

小さな店なのにかなりの人だかりがあったので撮ってみました。
IMG_5511.jpg

どうやらここは有名なハニードーナツのお店なんですね。
今回はアクティビティ目的で来たので、食べ物はノーマークでした。
味は沖縄のサータアンダギーみたいな感じらしいですよ。
残念です。食べとけばよかった。

IMG_5512.jpg
ここはカヤックなどのアクティビティを扱っているお店です。
料金もむちゃくちゃ高いわけじゃありません。いい感じです。

IMG_5513.jpg

48時間やるとさすがに高いですね。修行みたいや。

ハイキングをしよう

ディープコーブは難易度:低〜中程度のハイキングコースがあります。今回はハイキングコースのゴールでノースバンクーバーを一望するというのが目的なのです。
だからドーナツはノーマークだったわけです。

で、トレイルコースはこんな感じ。
ディープ

女性でもぜんぜん大丈夫です。
でも足場は悪いのでスニーカーは必須です。

ディープ2
目的の展望はこんな感じです。
さわやかな眺めでしょ?

え?なに〜?ハイキングコースへはどうやって行くんだって??

それは簡単です。

この写真で僕が座っている岩見えますよね?
この岩は下からも見えます。
この岩目指して歩いてたら自然とハイキングコースに辿り着きます!

ダウンタウンへシーバスで帰る方法

「帰りはせっかくなのでシーバスを使って帰ってみようかな。」と思ったのでルートを変えました。
①とりあえずなんとかしてPhibbs Exchangeのターミナルへ。
ディープコープからのバスは2種類くらいしかないのでとりあえずバスに乗れば着きます。念のためにディープコーブに着いたときにバス停で帰りのバスの時間を調べておくことをお勧めします。
239番のバスに乗る。
③Lonsdale Quay Bay 1で降りてシーバス乗り場へ。

船に乗りゃこっちのもんですわ。
あとはもうダウンタウンのウォータフロント駅。怖いものなしです。

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

バンクーバーでハイキングならディープコーブ
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする