フィリピン人女性の生態はこれだ!

ちょっと疲れてたー。
夏を直前にやる気が全くなくなってしまっていた!
そう!こんなときは海でのんびりして生気を養いたいもんだ。。。。
青い海、白い砂、ムチムチの爆乳レディーたち!!!!
そうだ!セブだ!フィリピンのセブ島に行こう!!!!
sebu.png
いや、待てよ。フィリピンって行ったことないけど、なんか危なそうやし、ちょっといかがわしいイメージも拭えないしな。「社長さん、社長さん」って言われて着いていったら、マフィアがいて「よお兄ちゃん。だめだよ。俺の女に手を出したら」。とか言われて、パンツ一丁にさせられて。。。。。。

大丈夫かな〜。

うーん。

でもリゾート行きたいしな〜。

しゃあない!
やっぱり事前に情報収集して、旅を快適にするんだ!!!!!

ということで今日はフィリピン人女性のマリエさんにいろいろ聞いてみようということになりました。
IMG_4996.jpg
高校生のときにバンクーバーに移民してきたマリエさん。笑顔が素敵ですね。

※ちなみにカナダは本当に移民が多く、中国やインド、ロシア、南アメリカ、シリア、ヨーロッパ等から多くの人が移民しています。フィリピンはその中でもなんと2位!中国人の次にカナダに移民しているんですねー。それに、2001年から2006年の間では、フィリピン人コミュニティは308,575人から410,695人(30%)にアップしていて、毎年20,500人フィリピン人が移民してきてるって計算になります。

すごいでしょ???

僕、詳しいでしょ???

さあ、ウィキペディアで調べた僕のあさはかな知識はさておき、今日はフィリピン人女性のあんなことやこんなことを調べていきたい思いますよーーー!!!!!

①フィリピン人女性は笑顔が素敵

まさ「本当にいっつも笑ってるやんな?」

まりえ「そうだねー。」

まさ「なんでなん?」

まりえ「知らないよー。」

まさ「俺のおもしろくないギャグでもすぐ笑うやん?」

まりえ「あれはマサのギャグがおもしろくなさすぎるからだよー」

まさ「・・・・・・」

まとめ:フィリピン人女性はいっつも笑っているが、理由は分からない!!

②日本人以上にシャイ!

まさ「なんかフィリピンは暖かい国だし、陽気な人が多いし、シャイなイメージはなかったんやけど、ほんまはシャイな女性多いよなー?」

まりえ「そうだね。なんでなんだろ。知らない人の前ではすごく大人しくなってしまう。」

まさ「そのくせに、急に歌いだすし、ダンスしはじめる子もおるやん。職場でもバスの中でもけっこう多いよねそういう子?そっちのほうが恥ずかしくない??」

まりえ「それは歌うのが好きだからしょうがない!!」

IMG_4995.jpg
フィリピンではご飯を食べるときは手を使って食べるらしい。レストランで食べ方を披露してくれました。でも、カナダにきてからは箸やフォークを使ってるから恥ずかしいんだって。
じゃあ、しなかったらいいのに。。。

まとめ:フィリピン人女性は恥ずかしがり屋だが、高頻度で歌いだす!

③実はインテリ、多才な一面!

まさ「これは女性だけじゃないけど、フィリピンの人って多才だよね。さっきの歌んことにしても、歌上手い子多いし、楽器できる人も多い。それに外国語覚えるのもすごい早いよな!」

まりえ「ありがとう!たしかにフィリピンはいろんな国の混血の人が多いし、いろんな文化が急速に入ってきてるから、新しいものをいろいろ吸収するのに貪欲なのかも。」

まさ「まりえも電話するときネイティブばりの日本語しゃべるもんな。俺はがんばって英語しゃべっとるのに。」

まりえ「かしこいだろ!フフン!!!」

まとめ:フィリピン人は他の国の言葉をよくしゃべる!

まだまだ聞きたいことが山ほどあるけど、もう時間がなくなってしまった。
いやー、勉強になったなー。

あれ?今日のインタビュー旅行には全く関係ないんちゃう?
ま、いいか。旅行に行く金ないし。

The following two tabs change content below.
まさ

まさ

30歳のときに仕事を辞めて、英語レベル0なのにカナダに渡ってなんとか生き続けてる自称がんばり屋さん。趣味はダンスと旅(予定)と語学。海外生活を経て感じた文化の違いや旅中のおもしろい体験などをみんなでシェアするために、ネット初心者のくせにブログ「ばんしてぃい組」を作成し奮闘中。
ランキング

ブログ読んで頂きありがとうございます。ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 ブログランキングへ

フィリピン人女性の生態はこれだ!
この記事をお届けした
ばんしてぃい組の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする